スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォロワー紹介 Templar(聖戦士)

kormac.jpg
だが、テンプラーの意思は強いのだ!
'' But the will of a templar is stronger! ''


Templar Orderの一員であり、理想的な聖戦士である。
己の肉体は己のためにあらず、ただ信条、信念に従い強く生きるのみ。
   
聖戦士(Templar)コーマックは、若くしてTemplar Orderに加わった。
Templar Orderとは、サンクチュアリ西方の多数の王国に本拠地を置く聖戦士達の集団である。
古くは、大司教ラザラスによって盗まれた聖典を取り戻す活動も行なっている。
彼らはよく、大罪を犯した者を捕まえ、組織へと入隊させる。
罪人を鎖でつなぎ、拷問することによって、罪深き魂を浄化させるのだ。
そうすることによって罪人から過去を消し去り、かつて自身が染まっていた悪に立ち向かう
潔白で、敬虔な聖戦士が生まれるのだ。

コーマックも、以前は罪を犯した犯罪者であった。
Templar Orderに捕縛され、壁に鎖でつながれると、拷問がはじまった。
体を打たれて3日目が経った時、痛みと飢えから、ついにコーマックは発狂した。
するとその時、自らの過去の記憶が走馬灯のように目の前に流れはじめた。
罪深き行為、堕落した快楽。
そういったものが全て自身から流れ落ちた時
コーマックは、純粋さそのものとして生まれ変わったのだった。
Templar Orderに入会することで、罪深き過去を消し去り
純粋にな眼で未来を見据え、最終戦争への準備を整えるのだ。


kormac2.jpg



彼が我々と出会うのは、カンデュラス国のトリストラム教会の中だった。
彼は、仲間のジョンダーに裏切られ、身ぐるみ剥がされ捕られていた。
コーマックを救うと、助けてくれたことに礼を述べ
裏切り者ジョンダーと決着をつけるべく、我々に手助けを求め、一緒に道を進む。
ジョンダーは、Templar Orderを裏切りDark Covenへ入信していた。
彼は、悪魔を召喚するネクロマンサーとなるべく、Dark Covenへ仕えていたのだ。
ジョンダーを倒すと、彼は情けを求めるが、Templar Orderの掟では裏切り者は決して許されない。
共に青春を過ごしてきた組織の仲間へ、コーマックはその手でとどめを刺したのだった。

コーマックは我々に感謝の言葉を伝え、共に戦うことに同意した。
しかし、彼の生い立ちを聞くに、いくつかの不自然な点があった。
コーマックは彼が言うような、かつて罪を犯した人間だとは、到底思えないのだ。
犯した罪が彼の中にあるのかと問うと、コーマックも自分でも時折そういう自問をするという。
しかし、もし本当に罪がなかったとしたら…全て失ってしまうかもしれないという恐れがある、と言うのだった。

コーマックは、我々に言われたとおり、もう一度彼の過去を顧みることにした。
すると、Templar Orderが彼に以前話した過去よりも、少しだけ多くのことを覚えていることが分かった。

しかし、それがどうだというのだろう。
事実、Templar Orderは彼を立派な戦士に育て上げたのだ。
それに、過去について思い出すことはとても苦労する。
Templar Orderが、過去の記憶を全て拭い去ったのだから。

コーマックは、過去について思い出す糸口を見つけたと言ってきた。
しかし、それは危険な行為であり、
思い出すことで、もしも、自らの過去の罪悪に陥った時は
彼自身が殺したジョンダーのように、自分を殺すことを約束してほしいと迫った。
我々は、それでもコーマックの中には、なんら闇の部分は見えないと安心させた。
彼の過去を探る方法とは、ジョンダーの遺体から見つけた日記を見ることであった。

ジョンダーの日記には、マグダに仕えるより前に
Templar Orderの古文書の中に隠されていた
「キーワード」と彼が呼ぶものを見つけたと、書かれていた。
そのキーワードを読んだ時に、過去の記憶が戻り、ジョンダーを苦しめたと日記には書いていた。
それからというものTemplar Orderへの信用を無くしたらしいのだ。
その恐ろしいキーワードを見る決意を固めたコーマックは、自らの魂をかけ挑んだのだった。

それは、奇妙なことに単純な言葉であった。
その瞬間、コーマックの脳に浮かんだのは、葉にしたたる水滴。燃える小屋。母の目の輝きだった。
嫌だ!やめろ!止めてくれ!…彼は混乱していた。そしてゆっくりと口を開いた。


「私は、ウェストマーチの兵隊となるはずの若い男だった。
 Templar Orderが私を捕まえた。 
 すべて嘘だったんだ。偽の罪を私に背負わせたんだ。
 ゆえにジョンダーは組織を裏切ったのだ。
 Templar Orderの団長は、組織の取調官がやったことを知らない。
 私が故郷へ帰ったら、取調官どもはその罪で罰せられるであろう。」



彼は自分を取り戻すことができたのだった。
コーマックはさらにジョンダーの日記の解読をすすめた。
その中には、魔法の武器の作り方の説明書も入っていた。
示されているルーンの模様は、ティラエルの鎧にあるそれと一致した。

ティラエルにそのことを尋ねると、
その説明書は、人間の手に合うように作られた天使の武器の製造法だと教えられた。
かつて、Sin Warにより天使軍がサンクチュアリに降り立ったときに、
天使に対抗するために、オリジナルのTemplar Orderが結成されたことも同時に分かった。

全てが明らかになり、コーマックはジョンダーの事を思った。
裏切り者だと思っていたが、もし組織がジョンダーを裏切らなかったら
彼はDark Covenへと容易く身を堕とすことは無かったのではないか。
ジョンダーが悩みを抱えていたことを知っていたが、何も声をかけてやらなかった。
もしかしたら遅すぎる事態の前に、彼を救ってやれたのではないだろうか。
自責の念にかられるコーマックに、ジョンダーも君の気持ちを分かってくれるだろうと安心させた。
救われる思いのコーマックは我々に礼を述べた。

そして、この戦いが終わった後、
祖国ウェストマーチへと赴き、組織の前で槍を地面に突き刺し
彼ら自身の罪と欺瞞を問うであろうということを教えてくれた。





最後まで残ったコーマックですが、やっとまとめることができました。
本当は1年前にやるつもりでしたが、英文が理解できなかったんです。
見れば分かるように、あまりに内容がぶっ飛びすぎ、急展開すぎで
当時は、脳みそがついていかなかったんでしょうね。
最近、落ち着いて何度も読んでやっと意味が分かりました。

しかし、あちゃー。
コーマックさん。あまりにも重すぎる。
もしかしてD3で一番思いストーリーなんじゃないでしょうか。
異性のエイレナに恋して、本人の前でたじたじになる
ウブな聖職者程度にしか思ってなかった人、多いですよね?私もです。笑

彼もまたウェストマーチに関わる人物だということは、
聖職者コーマック、悪党リンドン、新クラス クルセイダーの3人が、ウェストマーチ関係者ということです。
Act5、RoSの舞台ウェストマーチは、なるべくしてなったということでしょうね。
ひょっとしてリンドンとコーマックの、ウェストマーチ談義なんてものがゲーム中にあったりして?
(町のフォロワー定位置でのトーク中とかに)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

[646] - ななし - 2013年09月06日

ジョンダーはてんぷらオーダーに失望して人間そのものが許せなくなり、
そんな彼に止めを刺したのが偽の罪で拷問されて改宗させられたコーマックというわけですか。
てんぷら組織は闇が深そうですねえ。
ひょっとして組織の連中がRoSでザコキャラとして出てきたりもありえるのかな。

重いストーリを背負ってるわりには戦闘面でイマイチなので
RoSでは他二人に並ぶくらいには強化してやってほしいです。

[650] - chachamaru - 2013年09月07日

>ななしさん

ひどい組織ですよね。
まだマグダ率いるDarkCovenのほうがマシなような予感です。
恐らく、RoSではテンプラオーダーに関してなんらかのアクションはあると思います。
フォロワーから依頼されるような、フォロワークエストもあるみたいですし。
他2名と比べると、やはり見劣りしますね。
もっとこうリジェネを爆発的にあげるとか、リソース回収を助けるとか
DPS以外のEHP面で踏ん張って欲しいと思っています。

[661] - vultute - 2013年09月08日

天使の武器を模倣して天使と戦う気なら、ラザルスのような数名の魔神信奉者が原因ではなく、初めからやばかったんでしょうね。だとすれば上層部が信仰するのは何なのでしょうか。マルサエルが、ディアブロの返り血を浴びた他の評議員と、ディアブロ曰く裏切ってるインペリウスを殺すための組織?

しかし、「超えなければならない試練」、「ネフェリムの運命」とかのたまって、三兄弟封印からブラックソウルストーン埋葬まで、人類に厄介事を押し付け続けたティラエルは一度、その武器で人類の鉄拳制裁を受けたほうがいい気がしますw

[662] - chachamaru - 2013年09月09日

>vultuteさん

ここにきて、急に第三勢力が現れましたね。
Sin Warのころに、そんな天使たちと均衡するような人間の勢力ってないはずなんですが、そういう爆弾を用意していたTempler Orderってけっこうすごい組織ですね。いったいなにを信仰している集団なのか、私も気になるところです。
何のための集団なのか、RoSで明らかになるのでしょうか?Vault of the Order(組織の隠れ家)に行くと言っているので、なにかストーリーが用意されていると思います。
まーた、ティラエルちゃんったらサンクチュアリにブラックソウルストーンを埋めてますからね。1回angelic weaponで痛い目にあわないと治らないですね。笑

[1851] - jordan montante - 2014年09月03日

フォロワー紹介 Templar(聖戦士) : アンドロイドはDiablo3の夢を見るか?

トラックバック

URL :

プロフィール

unchiburiburimaru

Author:unchiburiburimaru
Blog更新お知らせTwitter

カテゴリ
更新お知らせBot
最新記事
検索フォーム
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。